二世論

船曳建夫 著

日本人は「有名人の子供」が好き。ついつい意識してしまうのはなぜ?本書はベストセラー『知の技法』の編著者が市川新之助、阿川佐和子から藤原正彦、福原義春まで、著名な28人にインタビューし、その特徴や社会的意義を解きほぐす本邦初の二世入門書。成功した親を持つことはトクかソンか。そもそも成功の秘訣はなんなのか。あなたの身近な「二世」を理解する鍵もここにあるはず。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 阿川佐和子-もの書きになれといわれたことはない
  • 田村高広-いま、親父と話し合っている
  • 橋本大二郎-政治は継がない、思いは継ぐ
  • 福田美蘭-親の二倍ぐらいできて当然
  • 村松友視-家族ゲームから抜け出すために
  • 水谷八重子-まるのまんま、そっくりそのまんま二世
  • 猪谷千春-鬼親父から逃げ出すために大成してやる
  • 高野孟-魚の食い方だけ引き継いだ
  • 福原義春-反対に反対に行動するようになる
  • 水野正人-跡取りとはなにか、わからなかった〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二世論
著作者等 船曳 建夫
書名ヨミ ニセイロン
書名別名 Niseiron
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2003.6
ページ数 389p
大きさ 16cm
ISBN 4101051216
NCID BA6224119X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想