人間解放の福祉論 : 出口王仁三郎と近代日本

広瀬浩二郎 著

人間の解放をめざす福祉への志向を近代日本の巨人・出口王仁三郎の思想と行動に探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大本教の文化史的研究-出口王仁三郎の人間風景をめぐって
  • 第2章 スサノオ神話の再生-出口王仁三郎の神観を論じる
  • 第3章 人類愛善主義の理想-大本教のエスペラント普及・福祉活動を中心に
  • 第4章 大日本武道宣揚会がめざした神武の普遍化-合気道と親英(親和)体道の歴史を中心に
  • 終章 神・自然・人間-大本教研究と盲僧研究をつなぐもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間解放の福祉論 : 出口王仁三郎と近代日本
著作者等 広瀬 浩二郎
書名ヨミ ニンゲン カイホウ ノ フクシロン : デグチ ワニサブロウ ト キンダイ ニホン
書名別名 Ningen kaiho no fukushiron
出版元 解放出版社
刊行年月 2001.2
ページ数 190p
大きさ 20cm
ISBN 475926051X
NCID BA51142968
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20603874
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想