祖国とは国語

藤原正彦 著

国語こそすべての知的活動の基礎だと説く「国語教育絶対論」のほか、母・藤原ていの名著『流れる星は生きている』の原点を親子三代でたずねる「満州再訪記」、ユーモアあふれるほのぼの家族エッセイなど、話題満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • いじわるにも程がある(お茶の謎
  • ギーギー音
  • ダイハッケン
  • 科学は無情
  • ネギよ来い ほか)
  • 国語教育絶対論(国語教育絶対論
  • 英語第二公用語論に
  • 犯罪的な教科書
  • まずは我慢力を
  • 産学協同の果ては ほか)
  • 満州再訪記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 祖国とは国語
著作者等 藤原 正彦
書名ヨミ ソコク トワ コクゴ
書名別名 Sokoku towa kokugo
出版元 講談社
刊行年月 2003.4
ページ数 210p
大きさ 20cm
ISBN 4062117126
NCID BA62092748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20410112
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想