明治前期の法と裁判

林屋礼二, 石井紫郎, 青山善充 編

明治初年より保存されていた裁判所の民事判決原本は多くの方々のご努力をいただいた結果、国立公文書館で保存できるようになった。本書はその貴重な文化遺産を素材として活用して行われた「明治前期の法と裁判」に関する研究成果である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 判決原本の保存(民事判決原本の永久保存-廃棄からの蘇生
  • 対談 明治前期民事判決原本データベース化の現場から-多様性の中での分類・検索システム)
  • 第2部 論説(明治初年の民事訴訟新受件数の考察
  • 裁判文書の史料学のために
  • 京都裁判所の設置 ほか)
  • 第3部 資料紹介(明治初年の渉外裁判三例
  • 明治初期の裁判・四国高松編-高松地方裁判所保存にかかる最古の民事判決原本簿冊による検証
  • 明治前期相撲興行をめぐる訴訟一件 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治前期の法と裁判
著作者等 中林 真幸
伊藤 孝夫
加藤 高
吉田 正志
宇野 文重
山中 至
新田 一郎
松平 徳仁
松本 タミ
林屋 礼二
森田 貴子
浅古 弘
滝川 叡一
瀬川 信久
王 泰升
石井 紫郎
紺谷 浩司
蕪山 厳
藤原 明久
青山 善充
書名ヨミ メイジ ゼンキ ノ ホウ ト サイバン
書名別名 Meiji zenki no ho to saiban
出版元 信山社
刊行年月 2003.3
ページ数 441p
大きさ 22cm
ISBN 4797252235
NCID BA61603262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20546845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想