隠居と定年 : 老いの民俗学的考察

関沢まゆみ 著

高齢化社会を迎えた今日、大きな社会的関心事となっているのは定年後の生き方。温故知新の学問、民俗学の立場から、日本の伝統的村落社会に今も残る隠居の慣習に豊かな老いのヒントを探り、都市、そして海外へも視野を広げる。自らの老いを自覚した時、充実した新たな生が見出される…。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代社会と老いの文化
  • 第2章 村隠居の民俗
  • 第3章 長老衆の役割
  • 第4章 子供と老人
  • 第5章 六十歳からの出発
  • 第6章 老いの充実
  • 第7章 三つの贈り物

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 隠居と定年 : 老いの民俗学的考察
著作者等 関沢 まゆみ
書名ヨミ インキョ ト テイネン : オイ ノ ミンゾクガクテキ コウサツ
書名別名 Inkyo to teinen
シリーズ名 臨川選書
出版元 臨川書店
刊行年月 2003.3
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 4653039151
NCID BA61752003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20535278
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想