文体の論理 : 小林秀雄の思考の構造

柳父章 著

「どんなに正確な論理的表現も、厳密に言へば畢竟文体の問題に過ぎない」(『Xへの手紙』)という小林秀雄自身の文章の構造を、思考運動の二元的対立を表わすベクトル記号を用いて詳細に分析し、そこに日本的思想に特有の思考のモデルを発見する異色の文体論。小林の批評文に特徴的な「思考の飛躍」と「印象批評」に詩と批評の対立構造を読みとり、言葉の背後に隠された「論理」を浮彫にする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「詩」と「批評」(「詩」と「批評」とは等価である
  • 「批評」についての小林秀雄の動揺
  • 記号による分析方法について
  • 小林秀雄の逆説)
  • 第2章 「現実」と「観念」(「現実」と「観念」とはたがいに相対的である
  • 「突然」ということばの思想的意味
  • 何が「見えて来る」のか
  • 小林秀雄の<観念>)
  • 第3章 小林秀雄の思考の構造の分析(分析の方法
  • 思考運動のモデル1
  • モデル1の解釈
  • 『志賀直哉』論における困難
  • 思考運動のモデル2
  • モデル2における<観念>発見の運動
  • 典型的でない文章の分析)
  • 第4章 『当麻』の構造の分析(前半における二つのモデル1
  • 後半における二つのモデル2
  • 分析結果を考える)
  • 第5章 小林秀雄の思考の構造の意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文体の論理 : 小林秀雄の思考の構造
著作者等 柳父 章
書名ヨミ ブンタイ ノ ロンリ : コバヤシ ヒデオ ノ シコウ ノ コウゾウ
書名別名 Buntai no ronri
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2003.3
版表示 新装版.
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4588436082
NCID BA61587643
BN00964611
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20420657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想