映像/言説の文化社会学 : フィルム・ノワールとモダニティ

中村秀之 著

第二次大戦前夜から現代までの映画言説を渉猟し、フィルム・ノワール(暗黒映画)という記号の分析を通して現代文化への新たな視点を提示する。映画研究、文化史、現代思想を横断する刺激的な論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「いかがわしきもの」の系譜学に向けて
  • 第1章 フィルム・ノワールとハリウッド映画(ジャンルとその生成
  • 映画の文化的卓越化
  • ノワールという理念の方へ)
  • 第2章 「暗黒映画」の転生-一九三八〜一九五五(戦前フランスにおける「暗黒映画」
  • 「アメリカ人もまた「暗黒の」映画を作る」
  • 分身としての暗黒映画)
  • 第3章 ハリウッドの殺人メロドラマ-一九四三〜一九四七(殺人メロドラマの流行
  • 殺人メロドラマとハリウッドの再構築
  • 殺人メロドラマの言説)
  • 第4章 フィルム・ノワールと映画文化の転換-一九七〇〜一九九七(アメリカにおけるフィルム・ノワール
  • ポスト=ノワール)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映像/言説の文化社会学 : フィルム・ノワールとモダニティ
著作者等 中村 秀之
書名ヨミ エイゾウ ゲンセツ ノ ブンカ シャカイガク : フィルム ノワール ト モダニティ
書名別名 Eizo gensetsu no bunka shakaigaku
シリーズ名 現代社会学選書
出版元 岩波書店
刊行年月 2003.3
ページ数 304p
大きさ 19cm
ISBN 4000265172
NCID BA61502673
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20392090
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想