生体と電磁界

上野照剛, 重光司, 岩坂正和 編

本書では、分子・細胞生物学的側面から人を対象とする疫学研究までにおいて生活環境レベルの電磁界を"人の健康"に関して評価した章と、生活環境レベルからかけ離れた大きさの強い電磁界の生物学的影響を評価した章とが組み合わされた構成となっている。したがって、電磁界を安全性の観点からいわゆる「心配のたね」として見る読者にとっても、また電磁界の「有用性」に興味を持たれる読者にとっても、さらには、磁界の神秘的な側面をもっとよく理解したいと思う読者にとっても興味を引く内容となるように編集した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 身近な電磁界と生体
  • 2 低周波電磁界と生体
  • 3 直流磁界と生体
  • 4 電磁界の医学応用
  • 5 電磁界と疫学
  • 6 電磁界の安全性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生体と電磁界
著作者等 上野 照剛
岩坂 正和
重光 司
書名ヨミ セイタイ ト デンジカイ
書名別名 Seitai to denjikai
出版元 学会出版センター
刊行年月 2003.2
ページ数 342p
大きさ 21cm
ISBN 4762230111
NCID BA61429314
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20386849
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想