鉄腕アトムは電気羊の夢を見るか

布施英利 著

2003年4月7日、科学省の精密機械局で生まれた鉄腕アトム。とうとう、本当にアトムの時代がやってきた。50年前、手塚治虫が描いた未来が、いまはじまろうとしている。鉄腕アトムに描かれたロボット像は、はたしてどこまで実現されたのか?アイボ、アシモの開発者をはじめとするロボット工学の最先端技術者への取材から、脳科学、レオナルド・ダ・ヴィンチの芸術論まで、鉄腕アトムを軸に、現代科学、マンガ、身体、生命倫理などの問題について考察するサイエンス・エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 アトム誕生
  • 2章 ロボットの時代
  • 3章 アトムは夢を見るか
  • 4章 脳の中のマンガ
  • 5章 レオナルド・ダ・ヴィンチの子供たち
  • 終章 さようなら、鉄腕アトム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鉄腕アトムは電気羊の夢を見るか
著作者等 布施 英利
書名ヨミ テツワン アトム ワ デンキ ヒツジ ノ ユメ オ ミルカ
出版元 晶文社
刊行年月 2003.3
ページ数 203p
大きさ 20cm
ISBN 4794965621
NCID BA61411498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20383794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想