律令論纂

小林宏 編

[目次]

  • 日本律編纂の意義について
  • 『令集解』所引の唐令の機能-明法家の法解釈によせて
  • 明法博士官歴攷
  • 明法道における判例および学説法
  • 江戸幕府法における敲と入墨の刑罰
  • 幕末に甦る律令-枝吉神陽伝
  • 明治四年・丸亀県土肥大作襲撃事件に関する一考察
  • 唐律の共犯規定より見た家長の責任
  • 白鳳美術とその時代的背景-主として山田寺仏頭を巡って
  • 揺籃期のドイツ「犯罪心理学(Criminalpsychologie)」についての一考察-一九世紀前半の医師グロース(Friedrich Groos)の「妄想なきマニー」論に注目をして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 律令論纂
著作者等 小林 宏
書名ヨミ リツリョウ ロンサン
書名別名 Ritsuryo ronsan
出版元 汲古書院
刊行年月 2003.2
ページ数 379p
大きさ 22cm
ISBN 4762941654
NCID BA61431247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20382685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想