ムガル朝インド史の研究

近藤治 著

[目次]

  • アクバル時代のインド観
  • アブル・ファズルの皇帝観
  • ムガル朝時代における土地制度の変遷
  • ムガル朝時代における商工業の展開
  • ムガル朝権力と豪商
  • ムガル朝時代の国内交易路
  • ムガル朝時代のインド洋と日本
  • オーヴィングトンのスーラト訪問と喫茶擁護論
  • ムガル朝時代の宗教と文化
  • ムガル朝権力とパンジャーブの地方的宗教
  • バーブル時代研究の新しい到達点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ムガル朝インド史の研究
著作者等 近藤 治
書名ヨミ ムガルチョウ インドシ ノ ケンキュウ
シリーズ名 東洋史研究叢刊 61
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2003.2
ページ数 554p
大きさ 22cm
ISBN 4876985189
NCID BA60990855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385246
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想