絶対零度の近く

高良勉 著

90年代初頭、フィリピン大学に留学して見た世界の衝撃は帰国後、脊椎骨折という事故を契機に精神と生きる力を決定的に奪う。「絶対零度の近く」を2年さまよい再び生きる力を見出すまでの苛酷な戦い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 兆し
  • 溶解
  • 不眠
  • 夢魔
  • ガスコンロ
  • ナベ
  • 告白
  • かみぐとぅ
  • 白い粉
  • 駆け込み〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絶対零度の近く
著作者等 高良 勉
書名ヨミ ゼッタイ レイド ノ チカク
書名別名 Zettai reido no chikaku
出版元 思潮社
刊行年月 2002.10
ページ数 87p
大きさ 22cm
ISBN 4783713421
NCID BA67600653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20372728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想