なぜ日本人は賽銭を投げるのか : 民俗信仰を読み解く

新谷尚紀 著

超情報化社会にありながら、私たちの暮らしには、昔からの慣習が生きている。ことに、生と死、神と仏に関するしきたりには-。しかし、よく考えれば疑問がいっぱいだ。例えば、神さまに供える賽銭を無礼(?)にも、なぜ投げるのか?玄関になぜお札を帖るのか?葬儀でなぜ香典を出すのか?死者になぜ枕飯や火を供えるのか?それら民俗信仰のもつ意味を見つめ直し、自らの来歴を忘れがちな現代人に改めて問う、示唆に富む論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 四季おりおり
  • 第2章 暮らしと信仰
  • 第3章 比叡山の水脈
  • 第4章 葬儀と墓
  • 第5章 死の神話
  • 第6章 賽銭はなぜ投げるのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ日本人は賽銭を投げるのか : 民俗信仰を読み解く
著作者等 新谷 尚紀
書名ヨミ ナゼ ニホンジン ワ サイセン オ ナゲルノカ : ミンゾク シンコウ オ ヨミトク
書名別名 Naze nihonjin wa saisen o nagerunoka
シリーズ名 文春新書
出版元 文芸春秋
刊行年月 2003.2
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4166603035
NCID BA61119226
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20377539
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想