山の霊力

町田宗鳳 著

日本人の「いのち」の源は山にある。縄文以来、この列島の住人は山の霊力を崇め、山に育まれて生きてきた。大和の神奈備山から山岳信仰の霊場まで、全国の名山・霊山をめぐり、世界でも類を見ない日本人のユニークな宗教観の本質を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 その昔、山は動物であった
  • 第2章 オロチの棲む山
  • 第3章 神の坐す山
  • 第4章 験を修める山
  • 第5章 魂が蘇る山
  • 第6章 人と山とのバイラテラリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山の霊力
著作者等 町田 宗鳳
書名ヨミ ヤマ ノ レイリョク : ニホンジン ワ ソコ ニ ナニ オ ミタカ
書名別名 日本人はそこに何を見たか
シリーズ名 講談社選書メチエ 261
出版元 講談社
刊行年月 2003.2
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4062582619
NCID BA60746683
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20376797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想