江戸時代の歌舞伎役者

田口章子 著

三百年前の歌舞伎役者の暮らしぶりは。江戸時代の「芸能界」にまつわる興味深い逸話の数々を丹念に調べ上げ、溌剌とした筆致で描き上げた本書を通し、読者は生きた歌舞伎役者の真実の姿に出会い、歌舞伎がまだ特別な芸能であった時代の空気を感じとることができるだろう。芸術選奨文部大臣新人賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ある役者の一生-初代中村仲蔵の場合(人物像
  • 修行時代 ほか)
  • 第1章 仕事(興行のしくみ
  • 役者の給金 ほか)
  • 第2章 人間関係(役者の肖像
  • 役者をめぐる女たち ほか)
  • 第3章 衣食住・趣味(衣
  • 食 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸時代の歌舞伎役者
著作者等 田口 章子
書名ヨミ エド ジダイ ノ カブキ ヤクシャ
書名別名 Edo jidai no kabuki yakusha
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2002.12
ページ数 349p
大きさ 16cm
ISBN 4122041376
NCID BA60282436
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20368756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想