関西モダンデザイン前史

宮島久雄 著

モダンデザイン史といえば、先駆的な理念に基づく優れた造形の歴史を思い浮かべるのが普通であり、日本の場合も欧米の思想を受け入れながら、各自のデザイン活動を率先して展開していった人々やそれを支えた組織、機関の歴史が専ら記述されてきたところである。言い換えれば、それはモダンデザイン運動史だった。そこで前提となっているのは、歴史というのは地域を越えて、全世界共通に、日本国内でいえば、全国一律に通用しうる規範が存在するということであった。普遍、規範、模範、これらがモダンデザイン史の基本的前提だったのである。本書はそのような近代化の過程を関西という地域における西洋デザイン及びその思考の受容と規範形成にしぼって検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 図案教育-京都高等工芸学校図案科史(今泉雄作の図案法
  • 京都高等工芸学校設立前史
  • 中沢構想と浅井忠の図案
  • 武田五一の「図案学」 ほか)
  • 第2部 大阪・「町の図案家」(『日本印刷界』誌に見る図案家
  • 町のスタジオ(『日本印刷界』関係
  • 独立図案家)
  • キネマ文字は大阪起源-大阪朝日新聞に見る大正映画広告の変遷
  • 印刷図案と挿絵文化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関西モダンデザイン前史
著作者等 宮島 久雄
書名ヨミ カンサイ モダン デザイン ゼンシ
書名別名 Kansai modan dezain zenshi
出版元 中央公論美術
刊行年月 2003.1
ページ数 542p
大きさ 22cm
ISBN 4805504250
NCID BA6053926X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20374865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想