若々しい脳を保つ : 老化制御と分子生物学

ローレンス・ホエーリー 著 ; 赤木昭夫 訳

脳はなぜ老化するか。脳はどのように老化するか。脳の働きの衰えを防ぐにはどうすればよいか。20年前にくらべ老人の体や頭の不調がはるかに減少したから、年をとることに楽天的になれるようになったと、著者ローレンス・ホエーリーは、要領よくわかりやすく解説し展望している。アルツハイマー病の専門家である著者は、脳の老化の影響をおくらせ、さらには防ぐ可能性について明らかにするため、脳の発達の過程、食事やストレスなどの環境の影響、脳の損傷は脳の病気のメカニズム、治療や予防の可能性、脳の老化の個人差、頭の働きを左右する遺伝と環境の役割、「衰えさせないため脳を使うこと」の適否、脳の治療法の将来、遺伝子治療、老人の暮らしのためのヴァーチャル・リアリティなど、多角的な視点から検討をくりひろげている。本書は、先端科学の目をみはらせるような案内であり、それと同時に老人の脳を守るためのすぐれた手引きになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 老化とは何か-加齢と健康な脳
  • 第2章 あなたの昨日までの脳-脳の生理的な変化
  • 第3章 ものは云いよう-老化の社会的な心理的な側面
  • 第4章 破れたざる・こわれた織機-加齢による精神能力の衰え
  • 第5章 太い神経をもつ-老化・ストレス・脳
  • 第6章 生きるのに疲れ死を恐れる-老化との対決
  • 第7章 血液が止まると-卒中と老化
  • 第8章 夜の泥棒-痴呆とアルツハイマー病
  • 第9章 アルツハイマー病の解明-痴呆の原因
  • 第10章 未来の帝国-健全な脳の老化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若々しい脳を保つ : 老化制御と分子生物学
著作者等 Whalley, L. J.
Whalley, Lawrence J
赤木 昭夫
Whalley Lawrence
ホエーリー ローレンス
書名ヨミ ワカワカシイ ノウ オ タモツ : ロウカ セイギョ ト ブンシ セイブツガク
書名別名 The ageing brain

Wakawakashii no o tamotsu
出版元 産業図書
刊行年月 2003.1
ページ数 233p
大きさ 20cm
ISBN 4782801459
NCID BA60795281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20371325
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想