CJKV日中韓越情報処理

Ken Lunde 著 ; 小松章, 逆井克己 訳

本書は日本語情報処理史上の"事件"と称された『日本語情報処理(Understanding Japanese Information Processing)』の続編にあたる。日本語に関する内容を中心に、中国語、韓国語、ベトナム語に関する内容も追加された。本書で扱う内容は、各言語の表記体系の概略にはじまり、文字集合の歴史的背景と現状、符号化方式の詳細、コード変換技術、インプットメソッド、フォントフォーマット、タイポグラフィ、出力方式、電子メールやWebにおける処理方法など幅広く、質、量ともに比類のない一冊です。CやJava、Perlなどで書かれたコード変換やテキスト処理のためのサンプルプログラムも多数掲載している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • CJKV情報処理の概要
  • CJKVの表記体系
  • CJKVの文字集合規格
  • CJKVの符号化方式
  • 入力方式(インプットメソッド)
  • フォントフォーマット
  • タイポグラフィ
  • 出力環境
  • 情報処理技術
  • オペレーティングシステム、テキストエディタ、ワープロ
  • 辞書と辞書ソフトウェア
  • インターネット
  • WWW

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 CJKV日中韓越情報処理
著作者等 Lunde, Ken
小松 章
逆井 克己
ランディ ケン
書名ヨミ CJKV ニチ チュウ カン エツ ジョウホウ ショリ
書名別名 CJKV information processing
出版元 オライリー・ジャパン : オーム社
刊行年月 2002.12
ページ数 1128p
大きさ 24cm
ISBN 4873111080
NCID BA60422943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20367756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想