秘の思想 : 日本文化のオモテとウラ

柳父章 著

有史以来連綿としてつづけられてきた翻訳=外来文化受容のあり方が「秘すれば花」の伝統文化を生み出し、"秘"の思想が今日に至るまで日本人の思考の核をなして継承されてきたとする斬新な視覚からの日本翻訳文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 秘の思想
  • 第2章 出会い
  • 第3章 オモテ・ウラの文化
  • 第4章 秘の文化の起源-漢字
  • 第5章 言霊とはなにか
  • 第6章 古代大和の翻訳語
  • 第7章 密教
  • 第8章 キリシタンという「秘」
  • 第9章 カースト制差別
  • 第10章 翻訳文化としての天皇制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘の思想 : 日本文化のオモテとウラ
著作者等 柳父 章
書名ヨミ ヒ ノ シソウ : ニホン ブンカ ノ オモテ ト ウラ
書名別名 Hi no shiso
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.11
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 4588436058
NCID BA5979361X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20385610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想