帝国の興亡  上

ドミニク・リーベン 著 ; 袴田茂樹 監修 ; 松井秀和 訳

グローバル化の進展とともに注目を集める「帝国」。帝国とは、どう理解すべきものなのか。帝国の本質、パワー、ジレンマを、壮大な時間・空間のスケールと細密な叙述で描き出した比較歴史学の金字塔。上巻では、帝国の概念を問い直し、ローマ帝国、中華帝国を比較。さらに、大英帝国、オスマン帝国、ハプスブルク帝国の興亡を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 帝国(帝国-ことばとその意味
  • グローバルにみたパワーと帝国)
  • 第2部 さまざまな帝国(大英帝国
  • オスマン帝国
  • ハプスブルク帝国)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国の興亡
著作者等 Lieven, D. C. B.
松井 秀和
袴田 茂樹
Lieven Dominic
リーベン ドミニク
書名ヨミ テイコク ノ コウボウ
書名別名 Empire
巻冊次
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.12
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 453216432X
NCID BA60287597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20363756
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想