性と呪殺の密教 : 怪僧ドルジェタクの闇と光

正木晃 著

密教は性と呪力に満ちている。光と闇、二つの世界を具有することの豊穣と危険。チベット仏教史上、最強にして最凶、密教僧ドルジェタクの生涯を通じ、宗教が内包する超絶的エネルギーの核心に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 チベット密教誕生への道(密教をどうとらえるか
  • 密教への道
  • 後期密教とは何か
  • チベット密教の歴史)
  • 第2章 ドルジェタク登場(行者の息子
  • 修業と挫折
  • 秘法の成就
  • 荒れ狂う呪殺の嵐)
  • 第3章 光と闇(仏教者としてのドルジェタク
  • 性的ヨーガ
  • 女犯と肉食の倫理
  • 殺の倫理)
  • 第4章 ドルジェタク以降(ドルジェタクの最期
  • ツォンカパ以前
  • ツォンカパ以後)
  • 第5章 チベット仏教の最終解答(ツォンカパの解答
  • ドルジェタクとは何だったのか
  • オウム真理教)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と呪殺の密教 : 怪僧ドルジェタクの闇と光
著作者等 正木 晃
書名ヨミ セイ ト ジュサツ ノ ミッキョウ : カイソウ ドルジェタク ノ ヤミ ト ヒカリ
書名別名 Sei to jusatsu no mikkyo
シリーズ名 講談社選書メチエ
出版元 講談社
刊行年月 2002.12
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062582570
NCID BA60134836
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20355735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想