経営史

安部悦生 著

組織、戦略の将来を考えるには、長期的視点=歴史的視点から日米欧の経営システムを顧みることが重要な意味を持つ。本書では、経営システムの変遷を、イギリスで興った産業革命、アメリカを舞台とする大企業の時代、そして日本をはじめとする各国による戦後の大競争時代という3つの時代区分でたどる。それぞれの時代に繁栄した企業が、どのような背景を持ち、いかにして時代に適応したのかを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 経営史はなぜ必要か
  • 1 戦略商品と経済覇権の変遷
  • 2 会社の誕生-イギリスの産業革命
  • 3 ビッグ・ビジネスの成立-アメリカの第二次産業革命
  • 4 大競争時代-多様化する競争のかたち
  • 終章 大企業時代の終焉?-ベンチャーネットワークの登場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経営史
著作者等 安部 悦生
書名ヨミ ケイエイシ
シリーズ名 経営学入門シリーズ
日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2002.12
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4532108608
NCID BA5856774X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20359641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想