消費・戯れ・権力 : カルチュラル・スタディーズの視座からの文化=経済システム批判

浅見克彦 著

[目次]

  • 序(資本主義-恒常的な流動と変容
  • 三つのブラインド・スポット ほか)
  • 第1章 マス・コミュニケイション理解の到達点-csの貢献(コミュニケイション=意味形成の実践
  • 意味形成のコードとイデオロギー ほか)
  • 第2章 「テクスト分析」とマス・コミュニケイションの政治経済学-対立と補完(「テクスト分析」とポピュラー・カルチャーの礼賛
  • 対抗力の真偽-「ヘゲモニー的」意味構成に包囲された日常 ほか)
  • 第3章 大量消費社会とマス・コミュニケイション(大衆消費社会-消費の顕著化と選択性の拡大・深化
  • 差異的な文化価値による消費の施回舞踏 ほか)
  • 第4章 広告コミュニケイションの経済的機能(差異的な文化価値の付与
  • 「欲求操作」論の基本問題 ほか)
  • 第5章 戯れる主体とアイデンティティの危機(マルチな自己=断片化のめまい
  • 「ポストモダン・アイデンティティ」=自己の分裂症的壊滅? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消費・戯れ・権力 : カルチュラル・スタディーズの視座からの文化=経済システム批判
著作者等 浅見 克彦
書名ヨミ ショウヒ タワムレ ケンリョク : カルチュラル スタディーズ ノ シザ カラ ノ ブンカ = ケイザイ システム ヒハン
出版元 社会評論社
刊行年月 2002.10
ページ数 298p
大きさ 20cm
ISBN 4784508627
NCID BA5919679X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20335444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想