バレエへの招待

鈴木晶 文

バレエには大きくいって二つの流れがあります。ストーリーや人間の感情を演劇的に踊りで表現しようとする流れと、純粋に「動き」としての美しさを追求しようとする流れと。クラシックから現代バレエまでの流れをきっちりと位置づけつつ、各作品の生まれた時代背景や、精神分析的な意味にも深くわけいっていく、思わず興奮のバレエ論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現世と異界を繋ぐもの-近代バレエの誕生
  • 2 自立するダンス-ロマンティックからクラシックへ
  • 3 男たちの祝祭-バレエ・リュスという転換
  • 4 ドラマのあるダンス-二十世紀バレエその1
  • 5 ドラマではなく形を-二十世紀バレエその2
  • 6 モダン・ダンスとバレエ-二十世紀バレエその3

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バレエへの招待
著作者等 鈴木 晶
書名ヨミ バレエ エノ ショウタイ
書名別名 Baree eno shotai
シリーズ名 ちくまプリマーブックス
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.9
ページ数 219p
大きさ 19cm
ISBN 4480042512
NCID BA59230854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20323908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想