白川英樹博士と導電性高分子

赤木和夫, 田中一義 編

2000年度ノーベル化学賞は、わが国の筑波大学名誉教授白川英樹博士と、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のA.J.ヒーガー教授およびペンシルベニア大学のA.G.マクダイアミッド教授の三人の研究者に与えられた。授賞理由は導電性高分子の発見と開発であった。本書は白川博士の輝かしい業績を称えると同時に、すでに20年以上を経過した導電性高分子研究の流れと現在実用化あるいはその直前まできている代表的な導電性高分子を、改めて紹介するために企画されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 白川英樹博士の学問と創造(ノーベル賞インタビュー2000年度ノーベル化学賞 世紀の大発見はこうして生まれた!
  • 失敗実験の全容ポリアセチレンフィルム発見物語
  • 宇治の夕暮れ:白川英樹先生のお人柄とエピソード ほか)
  • 2 導電性高分子の展開(導電性高分子の展開
  • ポリアセチレン
  • 液晶性ポリアセチレン ほか)
  • 3 導電性高分子の応用(導電性高分子が拓く未来
  • ポリチオフェン
  • ポリピロール ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白川英樹博士と導電性高分子
著作者等 田中 一義
白川 英樹
赤木 和夫
書名ヨミ シラカワ ヒデキ ハクシ ト ドウデンセイ コウブンシ
出版元 化学同人
刊行年月 2002.1
ページ数 154p
大きさ 28cm
ISBN 475980899X
NCID BA52612375
BA55525357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20334976
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想