グローバル化と社会変動

小倉充夫, 梶田孝道 編

市民、情報、宗教、福祉、社会運動。世界はどう変わっていくのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「グローバル化」による社会変動と変革主体
  • 1 コスモポリタン社会とその敵-世界市民主義宣言
  • 2 情報のグローバル化と国民文化・サブカルチャー
  • 3 移民の定住化とイスラームの移植
  • 4 グローバル化と福祉国家-コスモポリタニズムの社会政策のために
  • 5 NGOのグローバルな展開と国際社会の変動
  • 6 グローバリゼーションと世界諸地域の原理主義運動-「社会サービスの提供」に注目して
  • 7 社会変動と変貌する国際社会-植民地支配・冷戦・グローバル化とザンビアの労働移動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化と社会変動
著作者等 Beck, Ulrich
Dassetto, Felice
加納 弘勝
小倉 充夫
川崎 賢一
梶田 孝道
武川 正吾
遠藤 貢
書名ヨミ グローバルカ ト シャカイ ヘンドウ
シリーズ名 国際社会 5
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2002.9
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4130341553
NCID BA58688223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想