モーパッサン短篇集  Ⅰ

青柳瑞穂, 河盛好蔵 訳

つましく暮す一家の希望は、一旗あげて郷里に帰ってくるはずの父の弟、"ジュール叔父"だった。が、ある年の家族旅行中見かけた牡蛎むきの老人こそ…。裏切られてしまった唯一の希望を一種のユーモアをまじえて描いた『ジュール叔父』他、作者の郷里ノルマンディの漁夫と小市民、農夫たちの生活の中にあらわれる人間心理の内面を、作者特有の鋭い観察を通してえぐり出す傑作短編集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • トワーヌ / 7
  • 酒樽 / 23
  • 母親 / 32
  • あな / 43
  • 田舎娘のはなし / 55
  • 口髭 / 86
  • 狂女 / 93
  • 二人の友 / 98
  • ベロムとっさんのけだもの / 109
  • 山の宿 / 122
  • ミロンじいさん / 142
  • 紐 / 152
  • 解説 / 163

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 モーパッサン短篇集
著作者等 Maupassant, Guy de
河盛 好蔵
青柳 瑞穂
de Maupassant Guy
モーパッサン
書名ヨミ モーパッサン タンペンシュウ
書名別名 Mopassan tanpenshu
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 昭和31
版表示 改版
ページ数 2冊
大きさ 16cm
ISBN 978-4-10-201406-6
NCID BA5939815X
BN0511157X
BN1201186X
BN13171442
BN11230471
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56005669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想