マルコスここは世界の片隅なのか : グローバリゼーションをめぐる対話

イグナシオ・ラモネ 著 ; 湯川順夫 訳

[目次]

  • 出発点となる出来事
  • ビセンテ・フォックス、公正に選ばれた大統領
  • メキシコにとっての希望
  • 先住民の密かな抹殺
  • チアパス、豊かな州、貧しいインディオ
  • マルコス、「サイバー・ゲリラ戦士」
  • 政治的な象徴の巧みな利用
  • 第四次世界大戦
  • グローバリゼーションに反対するさまざまな闘い
  • オルターナティブを提起する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マルコスここは世界の片隅なのか : グローバリゼーションをめぐる対話
著作者等 Marcos, subcomandante
Ramonet, Ignacio
湯川 順夫
ラモネ イグナシオ
書名ヨミ マルコス ココ ワ セカイ ノ カタスミ ナノカ : グローバリゼーション オ メグル タイワ
書名別名 Marcos

Marukosu koko wa sekai no katasumi nanoka
出版元 現代企画室
刊行年月 2002.9
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 4773802022
NCID BA59120313
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20328830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想