時代のきしみ : <わたし>と国家のあいだ

鷲田清一 著

ロングセラー『「聴く」ことの力』で哲学の新たな地平を拓いた著者が純粋・所有・国家・宗教などをテーマに思想史の次元に切り込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 所有論の季節
  • 2 全体という擬制-"国家"の存在をめぐって
  • 3 "純粋"というレトリック
  • 4 わくらばに-宗教的なものと偶然性の感情
  • 5 "わたし"というトポス
  • 6 危機と批判-二十世紀の文明批評とその時間意識
  • 7 「豊かさ」のみすぼらしさ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時代のきしみ : <わたし>と国家のあいだ
著作者等 鷲田 清一
書名ヨミ ジダイ ノ キシミ : ワタシ ト コッカ ノ アイダ
書名別名 Jidai no kishimi
出版元 ティビーエス・ブリタニカ
刊行年月 2002.5
ページ数 245p
大きさ 20cm
ISBN 4484022052
NCID BA56888028
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20326103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想