チェーホフ : その生涯と作品

E.トリオレ 著 ; 川俣晃自 訳

[目次]

  • 目次
  • I
  • 生い立ち / 6
  • アントーシャ・チェーホンテと射的 / 36
  • II
  • 『草原』-アントーン・チェーホフ大作家として認められる / 52
  • スヴォーリン-いやな相手とつき合って / 63
  • 手軽にものが書けなくなって / 79
  • なにを求めてサハリーンの監獄へいったか? / 90
  • 人々はチェーホフになにを求め、彼自身はどうするつもりでいたか? / 104
  • チェーホフがチェーホフを守ろうとして / 127
  • 恋愛について / 134
  • メーリホヴォ-「ささやかな進歩」と「民衆のなかへ」 / 162
  • III
  • 岬 / 184
  • にぎやかなヤールタでひとり寂しく / 193
  • 演劇とオーリガ・クニッペル / 206
  • 予言者イリャー / 217
  • 未来のフィアンセ / 230
  • けれどもまたくる花咲く春 / 242
  • エピローグ / 251
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 チェーホフ : その生涯と作品
著作者等 Triolet, Elsa
川俣 晃自
E.トリオレ
書名ヨミ チェーホフ : ソノ ショウガイ ト サクヒン
書名別名 Chehofu
シリーズ名 時代の窓
出版元 岩波書店
刊行年月 1955
ページ数 269p 図版
大きさ 18cm
NCID BN05675054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56003725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想