残り火のいのち在宅介護11年の記録

藤原瑠美 著

残り少ない大切ないのちを、最期まで慈しんだ-。本書は、痴呆症を病んだ老齢の母に、あたう限りの愛情を注いで在宅で看取った、ある女性の11年間に及ぶ感動の記録である。「介護者有業副介護者なし」という過酷な条件の中で、著者は福祉公社やボランティアの人たちの「社会の手」を借りて、仕事と介護を両立させ続けた。幼児に還っていく母は、ほんとうにいとおしかった。母は、生きる勇気と力をくれた。これは、介護という現実に直面している方々への、あたたかな励ましの書でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自宅で母は自然に逝った
  • 介護者有業副介護者なし
  • 社会の手を借りる
  • 寝たきり痴呆と宣告される
  • 母のひと言に救われる
  • わが家にいい空気を作った
  • 夢と目標をみんなで共有した
  • 「介護ノート」から
  • もう入院はしない
  • 点滴は必要なのか
  • 仕事を休んでください
  • 満月の夜
  • 再び口から飲み始める
  • 風邪は恐い
  • 介護保険に思う
  • 二四時間の看護サービスが欲しい
  • ママが死んでしまう
  • 叔父は社会の手で看取られた
  • いのちのゴール
  • ライフ ゴーズ オン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 残り火のいのち在宅介護11年の記録
著作者等 藤原 瑠美
書名ヨミ ノコリビ ノ イノチ ザイタク カイゴ 11ネン ノ キロク
書名別名 Nokoribi no inochi zaitaku kaigo 11nen no kiroku
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2002.9
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4087201597
NCID BA58716817
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20331557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想