ピノッキオ

コッローディ 著 ; 矢崎源九郎 訳

[目次]

  • 目次
  • 一 大工さんの桜んぼ親方が、赤んぼみたいに泣いたり笑ったりする木の切れっぱしを見つけたこと。 / 15
  • 二 桜んぼ親方は、その木ぎれを、友達のジェッペットにやります。ジェッペットはその木ぎれを喜こんでもらって、それで踊ったり、剣術をやったり、とんぼ返りを打ったりすることのできる、すばらしいあやつり人形をつくろうとします。 / 18
  • 三 ジェッペットは家に帰ると、すぐにあやつり人形をこしらえにかかります。そしてその人形にピノッキオという名前をつけます。このあやつり人形のしでかした最初のいたずら。 / 23
  • 四 ピノッキオと物言うこおろぎとのお話。このお話で、いたずら小僧というものが、自分たちよりも物をよく知っている人たちからお説教されることを、どんなにいやがっているかがわかります。 / 30
  • 五 ピノッキオはお腹がすいて、卵をさがし、オムレツをつくろうとします。ところがそのオムレツは、いよいよという時に窓から飛び出してしまいます。 / 33
  • 六 ピノッキオは火鉢の上に両足をのっけて、眠ります。あくる朝、眼がさめたときには、両足がすっかり焼けて、なくなっています。 / 37
  • 七 ジェッペットは家に帰ると、気の毒にも、自分で食べようと思って持ってきた朝ご飯を、あやつり人形にやってしまいます。 / 39
  • 八 ジェッペットはピノッキオに新しく足をこしらえてやります。それから、ABCの本を買ってやるために、自分の上着を売ってしまいます。 / 45
  • 九 ピノッキオは、あやつり人形の芝居を見に行くために、ABCの本を売ってしまいます。 / 49
  • 十 あやつり人形たちは、兄弟分のピノッキオの姿に気がついて、大歓迎をします。ところがそのとき、人形使いの「火食い親方」が出てきて、ピノッキオはもう少しであわれな最期を遂げようとします。 / 53
  • 十一 火食い親方はくさめをして、ピノッキオを許してやります。そのあとで、ピノッキオは友達のアルレッキーノの命を助けてやります。 / 57
  • 十二 人形使いの火食い親方は、ピノッキオに、お父さんのジェッペットのところへ持って行くようにと、金貨を五枚くれます。ところが、ピノッキオは狐と猫にだまされて、このふたりといっしょに出かけます。 / 61
  • 十三 「赤えび屋」という宿屋。 / 69
  • 十四 ピノッキオは、物言うこおろぎの親切な忠告を聞きいれなかったために、追剝たちにぱったり出会います。 / 74
  • 十五 追剝たちはピノッキオを追いかけます。やがて追いつき、ピノッキオを大樫の枝につるしてしまいます。 / 79
  • 十六 青い髪の毛の美しい少女があやつり人形をつれてこさせて、寝台に寝かせます。そして三人の医者を呼んで、生きているか死んでいるか、たしかめさせます。 / 83
  • 十七 ピノッキオは砂糖は食べますが、薬は飲もうとしません。けれども、死人を運ぶ人たちが自分を連れにきたのを見て、薬を飲みます。それから噓をつきますが、するとその罰があたって、鼻がずんずん長くなります。 / 88
  • 十八 ピノッキオはまたもや狐と猫に会って、みんなといっしょに奇蹟の原へ行って、四枚の金貨をまきます。 / 96
  • 十九 ピノッキオはその金貨を盗まれてしまいます。そしてその罰として、四カ月のあいだ牢屋にはいっているように言いつけられます。 / 104
  • 二十 ピノッキオは、牢屋から出ると、仙女さまの家へ帰ろうと思って、歩きだします。ところが、途中で恐ろしい蛇に出会い、そのあとで、わなにかかってしまいます。 / 109
  • 二十一 ピノッキオはお百姓さんにつかまって、むりやりに鶏小屋の番犬のかわりをさせられます。 / 113
  • 二十二 ピノッキオは泥棒どもを発見して、忠義をつくしたお礼に、許してもらいます。 / 117
  • 二十三 ピノッキオは、青い髪の毛の美しい少女の死んだことを歎き悲しみます。それから、鳩に会って、その鳩に海岸へ連れて行ってもらいます。そこで、ピノッキオは、お父さんのジェッペットを助けに行こうとして、水の中へとびこみます。 / 122
  • 二十四 ピノッキオは「働き蜂」の島にたどり着いて、ふたたび仙女さまにめぐり会います。 / 130
  • 二十五 ピノッキオは、あやつり人形であるのがいやになって、立派な子供になりたいと思います。そこで仙女さまに、これからはよい子になって、勉強すると約束します。 / 140
  • 二十六 ピノッキオは、恐ろしいさめを見に、学校の友達といっしょに海岸に行きます。 / 145
  • 二十七 ピノッキオと友達たちとの大喧嘩。その友達のひとりかけがをしたため、ピノッキオはお巡りさんにつかまってしまいます。 / 149
  • 二十八 ピノッキオは、もうすこしで、魚みたいにお鍋でフライにされそうになります。 / 159
  • 二十九 ピノッキオは、仙女さまの家へ帰ります。仙女さまは、ピノッキオに向って、あなたはあしたはもうあやつり人形ではなく、ほんとの子供になっていますよ、と約束します。その大事件をお祝いするための、ミルク・コーヒーの大ご馳走。 / 167
  • 三十 ピノッキオは、ほんとうの子供にはならずに、友達の燈心といっしょに、こっそり「おもちゃの国」に出発します。 / 178
  • 三十一 「おもちゃの国」で五カ月遊び暮らした後、ピノッキオは、りっぱなろばの耳が生えてきたことを知って、びっくりぎょうてんします。おまけに、自分はしっぽから何からすっかりそろった小ろばになっているではありませんか。 / 186
  • 三十二 ピノッキオには、ろばの耳が生えてきます。そしてピノッキオは、ほんものの小ろばになり、やがて、いななきはじめます。 / 196
  • 三十三 ピノッキオはほんものの小ろばになって、売りに連れて行かれます。そしてサーカス団の団長に買いとられて、ダンスをしたり、輪をとんだりすることを教えこまれます。ところがある晩のこと、このピノッキオの小ろばは足をくじいてしまいます。すると、こんどは、別の男がこの小ろばを買いますが、それというのも、この小ろばの皮で太鼓をつくろうというのです。 / 204
  • 三十四 海に投げこまれたピノッキオは、魚に食べられて、もとのあやつり人形にもどります。けれども、なんとか助かろうと、泳いでいるうちに、恐ろしいさめに吞みこまれてしまいます。 / 217
  • 三十五 ピノッキオは、さめの身体の中でふたたびめぐり会います。……だれに会うのでしょう?それは、この章をお読みになればわかります。 / 227
  • 三十六 とうとう、ピノッキオはあやつり人形ではなく、ほんとうの子供になります。 / 236
  • あとがき / 254

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ピノッキオ
著作者等 Collodi, Carlo
矢崎 源九郎
コッローディ
書名ヨミ ピノッキオ
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1956
ページ数 258p
大きさ 16cm
NCID BA6352966X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56000430
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想