ありそうもないこと

イヴ・ボヌフォワ 著 ; 阿部良雄 [ほか]訳

現代フランスの高名な詩人によって書かれた、詩と芸術をめぐる、言葉の本来の意味における珠玉のエセー集。壮麗にして厳格この上ない詩的言語=否定神学によって織りなされた比類なきバロック的宇宙が、われわれの眼前にもうひとつの光り輝く現実性として現前する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ありそうもないこと(ラヴェンナの墓
  • 悪の華
  • バルテュスの発明 ほか)
  • 四つの覚え書(フラ・アンジェリコの作品
  • ミケランジェロの新たな見地
  • 二つのカラヴァッジオ論 ほか)
  • マントヴァで見た夢(ビザンティウム
  • 絵画と場所について
  • 第二の単純性 ほか)
  • 書誌ノートNote bibliographique

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ありそうもないこと
著作者等 Bonnefoy, Yves
阿部 良雄
宮川 淳
島崎 ひとみ
松山 俊太郎
田中 淳一
ボヌフォワ イヴ
書名ヨミ アリソウモナイ コト : ソンザイ ノ シガク
書名別名 L'Improbable

存在の詩学

Arisomonai koto
シリーズ名 エートル叢書 14
出版元 現代思潮新社
刊行年月 2002.8
ページ数 397p
大きさ 22cm
ISBN 4329010143
NCID BA58635737
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20325746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想