知能システム工学入門

松本啓之亮, 黄瀬浩一, 森直樹 共著

現在の知能システム工学は、従来の人工知能の枠組みではとらえきれないほど問題領域が広がり、ますます学際的な様相を呈してきている。本書は、進展著しい知能システム工学の本質を理解し、今後の指針を与えることを目的としている。このため知能システム工学の将来展望を見据え、今後とも要素技術として十分活用され、将来発展の土台となるテーマを厳選した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 知能システム工学の概要
  • 2 モデル化と知識表現
  • 3 探索
  • 4 確率的推論
  • 5 強化学習
  • 6 進化型計算
  • 7 各手法の評価とシステム開発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知能システム工学入門
著作者等 松本 啓之亮
森 直樹
黄瀬 浩一
書名ヨミ チノウ システム コウガク ニュウモン
出版元 コロナ社
刊行年月 2002.8
ページ数 164p
大きさ 21cm
ISBN 4339023922
NCID BA58318585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20312231
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想