悪者は地獄へ行け

フレデリック・ダール 著 ; 秘田余四郎 訳

[目次]

  • 目次
  • 第一章 秘められた謎! 二人の〝新入り〟のうちどちらが〝密偵〟か? / 7
  • 第二章 天井の鉄格子のはまった換気窓は彼らの不遇をあざわらう忌しい口のようであった。 / 23
  • 第三章 「おまえこそ密偵だ!」と彼らは恐怖におののく<啞>の眼の前でののしり合った。 / 37
  • 第四章 「二週間もすりゃ」と、肥った男は独り言のように云った。「気晴らしができるんだ!」 / 51
  • 第五章 乾いた轟音! アルが発射したのだ。看守はくずれるように倒れた。 / 67
  • 第六章 「沖合いへは出ねえようにしろ。こんなボロ船じゃ、アメリカヘ行くわけにもいかねえ」 / 79
  • 第七章 「あんたの慈善週間ですかい?」、「いいえ、あたしの誕生日よ。それに紛れて、出て行って頂戴!」 / 89
  • 第八章 「眼が見える! 眼が見える!」フランクは雀躍りした。「こりゃ素晴らしいじゃねえか、なあ……」 / 103
  • 第九章 足音は、戸口の前でピタリと止った / 119
  • 第十章 「とにかく、あんたはここに居るわけだ。おれたちはあんたに又出て行くような勝手な真似をさせるわけにはいかねえ」 / 137
  • 第一一章 この女を中にして、二人の男たちはお互いに相手が自分のからだの中にうごめいている本能に負けてしまいはしないかと怖れていた。 / 149
  • 第一二章 「ピストルがない!」アルが云った。翌日、「ドラがいない!」とフランクの方が云った。 / 161
  • 第一三章 おまえが彼女を殺したんだ。おれは人殺しってのをよく知ってる。どうしてだかわかるか? おまえが密偵だからだ。そうだ / 173
  • 第一四章 彼は自分の殺した男の胸に頭をもたせて泣きはじめた。 / 187

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 悪者は地獄へ行け
著作者等 Dard, Frédéric
秘田 余四郎
フレデリック・ダール
書名ヨミ ワルモノ ワ ジゴク エ ユケ
書名別名 Warumono wa jigoku e yuke
出版元 潮書房
刊行年月 1956
ページ数 196p 図版
大きさ 18cm
全国書誌番号
56008732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想