デュヴァル氏の甥

ルイ・アラゴン 著 ; 小場瀬卓三 訳

[目次]

  • 目次
  • 1 精神の息吹く場所がある / 5
  • 2 ラ・レジャンスの客 / 8
  • 3 ある読者、私の袖を引くこと / 10
  • 4 ラ・レジャンスの客(つづき) / 19
  • 5 吃り問答 / 22
  • 6 作家と見せかけの防衛(序曲) / 28
  • 7 幕間 / 31
  • 8 アレグロ・マ・ノン・トロッポ / 35
  • 9 アンダンテ・カンタビーレ / 41
  • 10 問題の核心 / 45
  • 11 裁判官と甥との親近性 / 52
  • 12 通俗的な真実とそうでない真実 / 58
  • 13 レアリスムの帰結 / 64
  • 14 中断された対話 / 70
  • ローゼンバーグ夫妻運命の日々 / 74
  • 14 中断された対話(つづき) / 93
  • 15 正しい意味での利害 / 99
  • 16 すべての真実が語られてよいとはかぎらない / 104
  • 17 間奏曲 / 114
  • 18 レアリスムは陰謀の一環たること / 120
  • 19 スターリン賞の話の始まる章 / 127
  • 20 七月十四日 / 134
  • 21 自由の擁護 / 140
  • 22 謀議の性格 / 147
  • 23 私は論告する / 152
  • 24 ついにスターリン賞が語られる章 / 157
  • 25 甥たちの退場 / 167
  • ノート
  • A / 173
  • B / 183
  • C / 186
  • D / 189
  • E / 198
  • F / 199
  • G / 211
  • H / 226
  • I 今日のエグモント、その名をアンドレ・スチールという / 226
  • 本書の著者にあてたデュヴァルの甥の手紙 / 245
  • 附録 / 275
  • 訳者のあとがき / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 デュヴァル氏の甥
著作者等 Aragon
Aragon, Louis
小場瀬 卓三
ルイ・アラゴン
書名ヨミ デュヴァルシ ノ オイ
書名別名 Dyuvarushi no oi
出版元 理論社
刊行年月 1956
ページ数 284p
大きさ 19cm
NCID BA46401411
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56008264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想