所得税の研究 : ケインズ理論の吟味

有井治 著

[目次]

  • 目次
  • 序説 / p7
  • 第1章 現代経済組織の機能と機構 / p9
  • 第1節 現代経済組織の機能 / p9
  • 第2節 現代経済組織の機構 / p12
  • 第2章 貨幣数量説 / p16
  • 第1節 貨幣数量説 / p16
  • 第2節 所得数量説 / p21
  • 第3節 貨幣数量説と所得数量説との比較 / p27
  • 第4節 結言 / p38
  • 第3章 ケインズ理論 / p46
  • 第1節 『貨幣論』 / p46
  • 第2節 『一般理論』 / p51
  • 第3節 有効需要の原理(所得説) / p53
  • 第4節 流通性選好説(利子論) / p59
  • 第5節 乗数理論 / p65
  • 第6節 貿易乗数 / p81
  • 第4章 所得説の吟味 / p92
  • 第1節 ケインズの貨幣観 / p92
  • 第2節 貯蓄と投資 / p100
  • 第3節 流動性選好説の吟味 / p110
  • 第4節 乗数理論の吟味 / p118
  • 第5節 所得説と日本経済 / p125

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 所得税の研究 : ケインズ理論の吟味
著作者等 成城大学経済学会
有井 治
書名ヨミ ショトクゼイ ノ ケンキュウ : ケインズ リロン ノ ギンミ
シリーズ名 成城大学経済研究叢書 ; 第1冊
出版元 成城大学経済学会
刊行年月 1960
ページ数 129p
大きさ 21cm
NCID BA38169788
BN0979876X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60014357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想