「雪国」は小説なのか : 比較文学試論

田村充正 著

英・仏・露による翻訳を詳細に比較検討することによって明らかになる、「雪国」の前衛芸術性-。その非小説性の中に、21世紀文学に連なる新たな系譜を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「雪国」は小説なのか-外国語訳「雪国」を読む
  • 「伊豆の踊子」-虚構のカタルシス
  • 「たまゆら」-不在の小説あるいは小説の不在
  • 「水月」-物語内容と物語構成
  • 「みづうみ」-作品「みづうみ」はいかに構築されているか
  • 「古都」-作品「古都」のダイナミズム
  • 「源氏物語」と川端文学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「雪国」は小説なのか : 比較文学試論
著作者等 田村 充正
書名ヨミ ユキグニ ワ ショウセツ ナノカ : ヒカク ブンガク シロン
書名別名 Yukiguni wa shosetsu nanoka
出版元 中央公論事業 : 中央公論新社
刊行年月 2002.6
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 412003285X
NCID BA57994687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20319473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想