ルソーを読む英国作家たち : 『新エロイーズ』をめぐる思想の戦い

鈴木美津子 著

ジェイン・オースティンやマライア・エッジワスらの作品を詳細に分析し、この時代の政治・社会・女性の有様を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 氾濫するジュリア-ルソーに対するロマン主義時代の英国作家の反応
  • 第1章 ジュリは浮気女か、美徳の鑑か-記号としての『新エロイーズ』
  • 第2章 感傷小説の知的枠組み-『新エロイーズ』的変奏曲
  • 第3章 思想の戦い、覇権の争い-マライア・エッジワス『ベリンダ』
  • 第4章 英国の庭に現われた蛇のジュリ-マライア・エッジワス『リーアノーラ』
  • 第5章 小説のジャンルの混在-エリザベス・ハミルトン『現代の哲学者の思い出』
  • 第6章 夫と父の権威に逆らって-ジェイン・ウェスト『不信心な父親』
  • 第7章 四つの歪められた物語-イライザ・フェンウィック『秘密』
  • 第8章 崇高なる感受性に殉じて-メアリ・ロビンソン『不誠実な友人』
  • 第9章 誘惑する家庭教師-シドニー・オーエンソン『セント・クレア』
  • 終章 「ジュリアやらルイーザやら…」-ジェイン・オースティンの場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルソーを読む英国作家たち : 『新エロイーズ』をめぐる思想の戦い
著作者等 鈴木 美津子
書名ヨミ ルソー オ ヨム エイコク サッカタチ : シンエロイーズ オ メグル シソウ ノ タタカイ
出版元 国書刊行会
刊行年月 2002.7
ページ数 315, 27p
大きさ 22cm
ISBN 4336044317
NCID BA58465116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20312011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想