国民国家はどう変わるか

梶田孝道, 小倉充夫 編

[目次]

  • 序 国民国家-その変化の現状と多様なゆくえ
  • 1 地域の統合と民族の分離-ヨーロッパにおける「民族」をめぐる二つの文脈
  • 2 人の自由移動と国家を越える市民権-ヨーロッパ統合のなかで
  • 3 言語からみた国民国家の変容-フランス・ブルターニュ地方の事例を中心に
  • 4 トランスナショナル空間の成立と文化の分節化-アルザスを事例に
  • 5 民族の定義と国際関係-「マケドニア人」をてがかりに
  • 6 NAFTA圏と国民国家のバウンダリー-経済統合の中での境界の再編成
  • 7 先住民と国民国家-カナダ・ケベック州を中心に
  • 8 外国人・移民政策と国民国家の論理-日本の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国民国家はどう変わるか
著作者等 Stewart, Henry
中力 えり
原 聖
大庭 千恵子
小井土 彰宏
小倉 充夫
広渡 清吾
林 瑞枝
梶田 孝道
書名ヨミ コクミン コッカ ワ ドウ カワルカ
シリーズ名 国際社会 3
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2002.7
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 4130341537
NCID BA57619349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20309230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想