イエスと親鸞

八木雄二 著

宗教は「迷信」ではない。ラディカルな自己認識への論理的な「問い」である。二人の宗教的天才が全存在をかけた「問い」とは何だったのか。ともに自己の悪を見つめたイエスと親鸞の思想に通底する「普遍性」を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、今イエスと親鸞か
  • 第2章 ユダヤ教の伝承
  • 第3章 イエスの教え
  • 第4章 親鸞の教え
  • 第5章 幸福とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イエスと親鸞
著作者等 八木 雄二
書名ヨミ イエス ト シンラン
書名別名 Iesu to shinran
シリーズ名 講談社選書メチエ 245
出版元 講談社
刊行年月 2002.7
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN 4062582457
NCID BA57596618
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20301457
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想