クレオール主義

今福龍太 著

歴史のかなた、植民地の密林に芽ばえた思考"クレオール"を世界へと押しひらき、人類学・民族誌のみならず、思想や文化の語り方に地殻変動を起こさせた、思考と身振りをめぐる「可能性のヴィジョン」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「ネイティヴ」の発明-場所論1
  • ワイエスの村-場所論2
  • サウスウェストへの憧憬-プリミティヴィズム論1
  • ファンタジー・ワールドの誕生-プリミティヴィズム論2
  • 文化の交差点で-越境論
  • 異種交配するロシア=ブラジル-混血論1
  • 父を忘却する-混血論2
  • 旅する理論-ヴァナキュラー論
  • キャリバンからカリブ海へ-逃亡奴隷論
  • 浮遊する言葉とアイデンティティ-クレオール論1
  • 森の言語、曙光の言語-クレオール論2
  • 位置のエクササイズ-ポストコロニアル・フェミニズム論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クレオール主義
著作者等 今福 竜太
書名ヨミ クレオール シュギ
書名別名 The heterology of culture

Kureoru shugi
出版元 青土社
刊行年月 2001.9
版表示 新版.
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4791758943
NCID BA53170137
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20274784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想