三年生の作文12カ月

作文の会 編 ; 梶鮎太 絵

[目次]

  • 三年生の作文12カ月
  • もくじ
  • 身のまわりから(作文) / 1
  • よくたがやしてから たねをまこう / 2
  • 芽が出たら かわいがってそだてよう / 7
  • よいだいをえらんで(取材) / 13
  • みなと・菱沼裕子(栃木) / 14
  • 電気せんたくき・吉池文夫(広島) / 19
  • いねこぎ・加地ひろゆき(愛媛) / 24
  • よいだいをみつけよう / 25
  • ねらいをはっきり(構想) / 27
  • ぼくの病気・稲葉稔(新潟) / 28
  • 文の組みたてを考えよう / 34
  • 大たかをむかえて・奥山珠子(山形) / 37
  • よくわかるように(記述) / 41
  • わかりやすく書こう / 42
  • ふくの子・宇治典子(長野) / 44
  • すて犬・福米千里(広島) / 49
  • けら・丸山洋治(新潟) / 54
  • 心をこめて(手紙) / 57
  • おばあちゃんへ・須合和代(千葉) / 58
  • お友だちへのてがみ・斎藤絹子(神奈川) / 61
  • ようすを知らせよう / 65
  • 津田先生へ・みやたけゆきひさ(東京) / 67
  • てがみとへんじ てがみ・岡野光寿(栃木) / 70
  • へんじ・横池勝弥(栃木) / 70
  • ありのままに(記録) / 73
  • 見学したことを書こう / 74
  • 初まいり・のがみかよこ(東京) / 76
  • 大阪行き・椛田いつ子(大分) / 83
  • これはふしぎだ(観察) / 91
  • 蚕の日記・高城せつ子(宮城) / 92
  • 観察記録を書こう / 97
  • ありのすのかんさつ・吉名ひろみ(広島) / 100
  • 水さいばいの日記・石原耕一 菅谷文子 岡田荀子 斎藤友良 杉山裕子 春山末治(東京) / 104
  • つばめのかんさつ・楢原信子(岡山) / 108
  • 感じたままに(詩) / 113
  • 詩をつくろう / 114
  • おまつり・杉山和子(東京) / 116
  • ぼく・金子紀之(北海道) / 117
  • でんわ・関谷荘一(福岡) / 119
  • おふろ・戸部加代子(東京) / 120
  • ソフトボール・小沼清(千葉) / 121
  • 雪・星敬 / 122
  • 詩のなおしかた / 125
  • かびん・中川和子(富山) / 126
  • でんしんばしら・たかはしちえみ(広島) / 127
  • 考えをまとめて(感想) / 129
  • 野口ひで世をよんで思ったこと・中山美代子(東京) / 130
  • 一茶の生涯について・堀内清子(東京) / 133
  • 感想文を書こう / 137
  • 山に生きる子・松本和子 / 141
  • 心のアルバム(文集) / 145
  • あなたも文集をつくろう / 146
  • 文集をつくるめあてを考えよう / 146
  • 文集のつくりかたを考えよう / 150
  • 個人文集のつくりかたを考えよう / 154
  • 文集をつくったお友だちの話 / 155
  • あとがき / 159

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 三年生の作文12カ月
著作者等 作文の会
梶 鮎太
書名ヨミ 3ネンセイ ノ サクブン 12カゲツ
出版元 宝文館
刊行年月 昭和33
ページ数 162p
大きさ 22cm
NCID BA71610435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
45041790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想