政策科学入門

宮川公男 著

「政策科学」は、政治学、行政学、経済学、経営学など社会科学を主体にして広範な科学が関係する、すぐれて学際的、実践的な学問分野である。日本でも、1990年代の10年間をとおして「政策科学」は大きく発展を遂げた。本書は、政策の形成・決定・実行・評価のメカニズムを学ぶ入門書の決定版であり、大学学部・大学院のみならず、行政に携わる実務家にも有用なテキストである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 政策志向の生成
  • 2 政策科学の発展
  • 3 政策科学とは何か
  • 4 政策決定とは何か-基礎概念
  • 5 政策決定の環境と参加者
  • 6 政策決定のモデル
  • 7 政策プロセス
  • 8 政策プロセスと政策分析
  • 9 政策の実施と評価
  • 10 結びに代えて-民主主義の政策科学への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政策科学入門
著作者等 宮川 公男
書名ヨミ セイサク カガク ニュウモン
書名別名 Seisaku kagaku nyumon
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2002.4
版表示 第2版.
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 4492250085
NCID BA56345394
BA84887012
BB04040631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20274656
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想