企業倫理学  2

T.L.ビーチャム, N.E.ボウイ 著 ; 梅津光弘 監訳

本巻収録の第4章では、企業活動のもたらす消費者、労働者、投資家、環境などにもたらされるリスクがどこまで許容されるのかという判断基準について考察する。また、第5章では労務管理の新しい流れを考察し、従業員を企業に参画する生身の人間として捉え、雇用者および従業員の権利・義務について考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第4章 リスクとその許容範囲(消費者関連のリスク
  • 職業上のリスク
  • 環境へのリスク
  • 投資関連のリスク
  • 訴訟事例)
  • 第5章 雇用者と従業員の権利と義務(採用・雇用をめぐる権利と義務
  • 従業員への検査
  • 内部告発
  • 訴訟事例)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 企業倫理学
著作者等 Beauchamp, Tom L
Beauchamp, Tom L.
Bowie, Norman E
梅津 光弘
ボウイ ノーマン・E.
ビーチャム トム・L.
書名ヨミ キギョウ リンリガク
書名別名 Ethical theory and business. (5th ed.)
巻冊次 2
出版元 晃洋書房
刊行年月 2001.11
ページ数 269p
大きさ 22cm
ISBN 4771012385
NCID BA54549316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20271863
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想