クラシック批評という運命

許光俊 著

幻の初期評論を集成!歯に衣着せぬクラシック批評の原点、激烈な炎の筆鋒が再び燃え上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • クライバー、ウィーンに再登場!!
  • 四人の指揮者について
  • アメリカの音楽シーン-メトの『リング』、ボストンの小沢など
  • メンゲルベルクにどっぷり浸るのもいい
  • 破滅の幻視-クラウス・テンシュテット/ベルリン・フィル演奏会
  • シュレースヴィッヒ・ホルシュタイン音楽祭-旅のノート
  • 奇想のカデンツァ
  • 新・奇想のカデンツァ-恍惚の瞬間を求めて
  • 過剰なまでの人間主義-レーベンバッハ吹奏楽団
  • チョン・ミュンフン-パリ・バスティーユ・オペラ・ソウル公演速報〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クラシック批評という運命
著作者等 許 光俊
書名ヨミ クラシック ヒヒョウ ト ユウ ウンメイ
書名別名 Kurashikku hihyo to yu unmei
出版元 青弓社
刊行年月 2002.6
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 4787271539
NCID BA5760734X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20296494
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想