偽書の精神史 : 神仏・異界と交感する中世

佐藤弘夫 著

天狗・魔王が跳梁し、神仏の声響く"魔仏一如"の世界=中世。膨大な偽書はなぜ書かれたのか。新仏教を生みだした精神風土はなにか。混沌と豊穣の世界に分け入り、多彩な思想を生みだす力の根源に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 偽書の精神史へ
  • 第1章 新仏教と本覚思想のあいだ
  • 第2章 偽書の時代としての中世
  • 第3章 偽書はいかにして作られるか
  • 第4章 中世的コスモロジーと偽書
  • 第5章 鎌倉新仏教の誕生
  • 第6章 偽書を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偽書の精神史 : 神仏・異界と交感する中世
著作者等 佐藤 弘夫
書名ヨミ ギショ ノ セイシンシ : シンブツ イカイ ト コウカンスル チュウセイ
書名別名 Gisho no seishinshi
シリーズ名 講談社選書メチエ 242
出版元 講談社
刊行年月 2002.6
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4062582422
NCID BA57193280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292979
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想