在宅ケア論

山下袈裟男 編

本書は社会学、社会福祉学の研究者、医師、看護婦ないしは栄養士として実践の体験をもった人たちおよび行政機関のソーシャルワーカー等々、多彩な人材による在宅ケアにかかわる研究をそれぞれの立場からアプローチした論考の書である。地域で暮らす住民が安心して生活できるための支援のシステムを構築し、そのための手引書とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 在宅ケアの意味と成り立ち
  • 第2章 在宅ケアを支える保健・医療・福祉
  • 第3章 在宅ケアの担い手
  • 第4章 在宅ケアにかかわる諸制度
  • 第5章 在宅ケアシステムの構築-安心して地域で暮らせるために
  • 第6章 在宅ケアの展開

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 在宅ケア論
著作者等 山下 袈裟男
書名ヨミ ザイタク ケア ロン : チイキ デ クラス タメノ キョタク シエン システム ノ コウチク ト テンカイ
書名別名 地域で暮らすための居宅支援システムの構築と展開
出版元 みらい
刊行年月 2001.4
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 4944111894
NCID BA52690084
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20308854
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想