平山省斎と明治の神道

鎌田東二 著

教派神道のひとつ、神道大成教の創始者、平山省斎の生涯と神道思想を、幕末から明治の激動の時代のなかで、浮き彫りにする画期的論究。神道大成教立教百二十周年記念出版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治という時代と神道
  • 平山省斎の生涯(「外国総奉行」となるまでの前半生
  • 神道家としての後半生)
  • 平山省斎の神道観-習合的教派神道
  • 平山省斎の神道論と修道論
  • 神道大成教の沿革と天照山神社
  • 教派神道の諸相と明治期の神道-伝承系神道と世直し系神道
  • 二一世紀に神道はどうあるべきか-「大成妙生」の道 平山省斎の問いから学ぶもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平山省斎と明治の神道
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ ヒラヤマ セイサイ ト メイジ ノ シントウ
書名別名 Hirayama seisai to meiji no shinto
出版元 春秋社
刊行年月 2002.5
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 4393299035
NCID BA57124335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20289300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想