下駄 : 神のはきもの

秋田裕毅 著

古墳や井戸の遺構などから下駄が多数出土することに着目し、それらをつぶさに調査・検討しつつ、下駄が地上と地下の他界をつなぐ祭祀品(聖なるはきもの)であったという大胆な仮説を提出し、日本の神々の忘れられた側面を浮彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はきものの歴史
  • 第2章 考古学からみた下駄
  • 第3章 下駄と井戸と便所
  • 第4章 絵巻物にみる下駄をはく人物
  • 第5章 下駄の使用法を探る
  • 第6章 庶民化する下駄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 下駄 : 神のはきもの
著作者等 秋田 裕毅
書名ヨミ ゲタ : カミ ノ ハキモノ
書名別名 Geta
シリーズ名 ものと人間の文化史 104
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2002.3
ページ数 295p
大きさ 20cm
ISBN 4588210416
NCID BA55783953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292489
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想